パラベンフリーのシャンプーのメリット

パラベンフリーのシャンプーとは?

 

パラベン配合のシャンプーが多い

 

一度開封したシャンプーや化粧品の中で雑菌が繁殖することを防ぐために、多くの製品にはパラベンという防腐剤が入っています。

 

日本の化粧品の品質保証期間が3年である背景には、長きに渡って防腐効果を維持できるパラベンの働きがあるのです。

 

しかしそんなパラベンは工場で作られた合成化学物質となりますので、私達のように妊娠出産によって頭皮や肌がデリケートになっている人には、皮膚トラブルを悪化させる要因になることもあるようです。

 

 

パラベンの入ったシャンプーでアレルギーになる?

 

合成化学物質のパラベンに関する研究の中には、「パラベン配合化粧品使用者の1,000人中3人がアレルギーを起こした」という報告があるようです。

 

日本国内では、シャンプーや化粧品の中に配合できるパラベンは、1%以下に制限されています。

 

しかしさまざまな研究機関のデータを調べてみると0.25%以上で刺激を感じる人もいるため、配合量が少ないからといって安心できない成分と考えられるのです。

 

 

パラベンフリーのシャンプーなんて存在するの?

 

ストレスや環境的要因によって敏感肌の女性が増えている今の時代は、パラベンフリーの化粧品やシャンプーも少しずつ登場するようになりました。

 

パラベンフリーのシャンプーは、合成化学物質であるパラベンの代わりに抗菌作用の高い植物精油を配合することで、開封後の製品品質を保つことに成功しているようです。

 

また無添加のシャンプーは、子供からお年寄りまで使えるやさしさも兼ね備えていますので、環境的な外的刺激の多い時代だからこそ、こういったヘアケア製品を選んだ方が良い気がします。